家計のなかで、一定の割合を占める光熱費(電気代・ガス代・水道代)を払い続けるのは当たり前といえば当たり前の話です。さらに、その光熱費はおおむね値上がり傾向にあります。その対策として太陽光発電を導入し自宅を発電所にするという選択もあります。

自宅に太陽光発電を導入し発電所にすることにより、電気代の高騰リスクに備えることができます。さらに、蓄電池をセットにすることにより電気をほとんど買わない自給自足の生活も可能となります。

太陽光発電・蓄電池を導入することにより、電力会社より買う電気代を削減することができます。その削減分を設備費にあてることで、無理なく導入することが可能です。